ケトジェニックダイエット|体内の機能全開!で起こる反応

ケトジェニックダイエットてなに?

ケトジェニックダイエット、別名?ケトン体ダイエットなんて呼ばれ方もします。
このダイエット法は、糖尿病患者が改善のために行うダイエットだったりします。あと、ボディビルダーの方が、最後の追い込みみたいなときに行ったりするダイエットです。

まぁ、知る人ぞ知る呼び方でありダイエット法としては、結構古くからあるダイエットなんです。
最近に何かと耳にすることが多くなった「糖質制限」というフレーズの親玉みたいなもので、糖質制限ではなく糖質カットというやり方です。

やるメリットは?

なぜケトン体ダイエットをするのかといいますと、その効果とメリットに目がくらむからではないかと思います。

見た目のスリム化はもちろんですが、とにかく健康診断での数値の悪さが改善されます。私の場合これがメインでしたが、一か月間やった結果はびっくりすほどの改善でした。

このほかにも、糖分を食べたいという気持ちがなくなります。毒気が完全に抜ければこういう状態になります。肥満の大敵糖分ともおさらばできます。
このほかと言えば、とても疲れにくくなった。疲労感がない。こういったことが挙げられます。

ちなみに、このケトジェニックをやって一か月で体重は12キロ減でした。(笑)

デメリットは?

メリットがあればデメリットも必ずあります。良い事だけではありませんよ、世の中はね。

デメリットとしては、やり始めの頭痛や立ち眩みなどが挙げられます。それと、体臭の変化・皮膚がカサカサする。といった感じでしょうか。

のど元過ぎれば。というようにこのダイエットを始めたばかりのころはけっこう大変です。が、その大変さ以上に効果がすごい。ですからデメリットではあるわけですが、「生みの苦しみ」というやつだと思えば耐えられます。

ただし、危険は危険なのかもしれませんので、やる場合は自己の責任において行うことが必要ですので、そこらへんは皆さん考えてみてください。

ケトン体が目覚めれば・・・。

ケトン体というのは、もともと人間の体に備わっている機能の一部です。もともとと言うことは、その昔は元気に機能していたわけですが、今現在はこの機能は間違いなく働いていません。自信を持って言えます。

なぜなら、このケトン体は外部からの糖質の侵入によって長いこと眠っているからです。

清涼飲料水に始まり、砂糖・果糖などの糖質がこの機能の恩恵を妨げてるおかげで、表立って活動できない体になっている訳なんです。この機能を使うことで今まで痩せなかった人でも比較的簡単に痩せることができますし、実は良いことが多くなるんです。

糖分というのは、甘味だけではない。

糖質・糖分というのは、イメージ的に「甘いもの」だとおもいます。が、実際はそれだけではありません。

糖質というの、私たちの主食である「お米」「小麦」「でんぷん質」「野菜」なんかも体内に入って、吸収される段階で「糖」になります。

こう考えたら実際食べるものがなくなる印象がありますが、その代わりに、肉類はいくら食べても良いですし、魚・脂質は沢山食べられますから満腹感はあります。

よって、結構辛くないかもしれません。

ケトン体をたたき起こすには?

ケトジェニックダイエットを始めていったいどのくらいでケトン体が働きだすのか?
それは、「約2週間」は糖質カットしなければ活動を始めません。

そしてこれを継続して活動させるには、根気も必要だと思いますし最初は我慢も必要です。ですが、ケトン体が活動し始めて少しするとね。
コンビニや飲食店などにいっても、こうした糖質の塊を目の当たりにしても「食べたい」という気がしなくなるという不思議なことに気づきます。

少なくとも私はそうでした。

ケトジェニックダイエットに欠かせないもの。

このダイエットに欠かせないものは、タンパク質と脂質です。三大栄養素のうちの二つが必要になってきます。

とくに日本人の食事の傾向としては、炭水化物が非常に多く、タンパク質は慢性的に足りていない状態です。実は、この状態が肥満の温床なのですよ。ここを改善しなければケトン体は働かない訳です。

ですから心掛けてタンパク質と脂質をとるようにしなくてはいけないですし、炭水化物(糖質)はとらないように心がけるべきです。

更に言えば、水分と筋力トレーニングも絶対に忘れてはいけません。このケトジェニックダイエットは、だまってやっていたら筋肉量が減りますので、筋トレは必須です。
同時に筋肉に蓄えられている水分が多く使われますので、こまめな水分補給を忘れてはいけません。

そうじゃないと皮膚がしわしわになります。

学術的なことは分からないが、私はやってみて良かった。

ほんと、ネット上にはこのケトン体ダイエットのことが書かれた記事って結構あるもので、私もやるときに参考にさせてもらいましたが、ダイエットするときに必要なことは科学的なことは必要なく、体験なんですよね。

実際には、やってない人の記事が多いと感じていて私も始めるときは、ためらいましたが実際にやってみると、よくわかります。これって体良いのだと。

私はこのケトジェニックダイエットを一か月続けた結果は先にも少し書きましたが、体重は12㎏減、血圧も正常値になり、中性脂肪も120と正常値。不思議なもので体が軽いんです。
視力も元に戻りました。嘘みたいな話ですが本当です。

以前に本屋で見たことがあるのですが、炭水化物は人類を滅ぼす。だったか??こう書かれた本を見かけたことがあります。実際に手に取ってみたことはないのですが、今はこの題名の意味が非常によくわかります。

実際に、糖質という事だけを見れば野菜んて食べられないことに気づきますし、肉類なんかの動物性たんぱく質を多く含むものがいかに体に良いかという事を改めて感じた次第です。

糖質カットは・・・やっぱり無理かも・・・。

とはいっても、いろいろと付き合いや何やらでカットというのは現実的に厳しい。こういう人もかなりいるのではないでしょうか?

まぁね、そりゃそうでしょう。なかなか世俗の中にどっぷりいたんでは、思うようにはいかないのが現実なのかもしれません。

長期的に考えればカットではなく制限という方が現実的です。この方が無理がないはずです。
ケーキも食べたいし、普通に食事もしたい。そんな人は、糖質の制限された食事というのをお勧めしたいと思います。

スイーツ工房フォチェッタ

ここでは、主にスイーツを扱っています。もちろん低糖質のものばかりですので、安心してダイエットしてる人も食べてもらえるのではないかなと思います。

それでも主食をけずるのは嫌だ!今まで通りで・・・・。
なんて人は、そもそもの吸収を抑えれば良いという話になりますよね?でしょ。この場合は、本当に長期戦なので継続が必要になってきますよ。

糖質ダイエットをサポート【八糖仙】

これは、糖質の吸収を抑えてくれます。この八糖仙の中には、「サラシア」という成分が入っており、これが糖の吸収を抑えてくれます。
食べても吸収率を下げれば、急激な変化は見込めませんが確実に効果は出てきます。継続は力なりです。

とにかく、無理をするのもしないのも個人の判断でしかないのですが、ダイエットというのは、短期的と長期的のこの二つに一つなわけで、どちらが自分に合っているのかを考えてダイエットするのが成功への近道なような気がします。頑張ってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。