ダイエット|運動と言って一括りで考えると・・・・。

運動に対する考え方が間違っている場合。

運動と言っても多種多様なものがありますが、ことダイエットに関して言えば体重を減らしたいのか?それとも脂肪を落としたいのか?といった事柄でも運動のタイプというのは変わってくると多くの人は考えているのではないかと思います。

確かに、そういった考え方も間違いではないですし、長く続けることで結果はおのずとついてきます。

ですが、「運動」と、すべてをひとくくりにしたんでは、中々思ったような結果にはつながりにくいですし、効率的ではないと私は考えています。

走る・歩くなどの有酸素運動。

このような有酸素運動というのは、ダイエットではもっとも多くの人がやっている運動の一つだと思います。

この有酸素運動で自分の筋肉がどう変わるのかというと無駄に筋肉を大きくしたりはしません。

むしろいかにエネルギーを消費しない様な低燃費な体になるのかという風な運動です。

筋肉・ワークアウト

これも最近、見直されてきましたよね。巷では、筋肉女子なんてフレーズが出るくらいですから知名度は上がっている?ように感じます。

この運動は、無酸素運動と呼ばれていて、特製としては筋肉の発達に貢献するような運動とでもいいますか、男らしい体を作るにはこの無酸素運動です。

筋肉は大きくなり、エネルギー消費が大きくなります。

運動はやっているが・・・・。

上記にしたように、運動と言ってもタイプがある訳です。
この二つの大きな枠の中で考えてみた場合、運動しても痩せない理由というのもうっすらですが見えてくるのではないかなと思います。

もともと、筋肉量の少なく脂肪が多い人が走ったら?
それは、さらに痩せにくい体を手にする羽目になりますでしょ。低燃費志向なんですからね。

一方、ワークアウトは無酸素運動で、より多くのエネルギーを必要とします。
筋量が少なく脂肪が多いような人は溜まった脂肪をエネルギーとして使わなくてはいけませんから、無酸素運動であるワークアウトで筋肉の量を増やし燃やす量を増やした方が効率的にダイエットが進むと思います。

筋肉を太く大きく・・・・そこまではちょっとね・・・。

いくらダイエットだからと言って、筋肉量を増やすのは抵抗があるし、今以上に太くなったら・・・。
はい。この気持ちは非常によくわかります。

ですがワークアウトをやったからと言って簡単にムキムキになるなんてことはありませんし、なぜ太ったのか?を考えたら筋肉を増やすことは必要です。

トップビルダーでも一年で増える筋肉量は微々たるもの。一般人がダイエットのためにワークアウトをしたからと言って、ムキムキの体になるなんてことはそう易々とはいかない訳なんです。

とにかく、そんな言い訳みたいなことを考える前にやってみればすぐにわかります。誰かが言ったことを考えても仕方がないでしょ?それよりも、まずはやってみることです。
もちろん、ただやみくもにではなく、健康面にも配慮しながらです。

健康的に痩せるのは思っているよりも難しいかもしれませんが、そういう不安を少しでも緩和するような補助食品とかサプリなんかも併用しながらが、理想だと私は思います。

すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。