ダイエットの量と質。皆さんはどう考えますか?

量と質。ダイエットでの考え方は?

痩せたいと願ったり、考えたり。日々いろんな事を考えている痩せたい願望を抱えている皆さんは、量と質ということを考えたことはありますか?

一日の内、一食を何かに置き換えるダイエットをしている人、あるいは三度の食事はしっかりととって運動や体を動かすことで痩せるダイエットをしている人。

このどちらにも言えることなんですよね。この量と質というのは。

たとえばこういう食事。

あるいはこういう食事とか・・。

一見すれば、ダイエットなら肉類や油ものは避けたいと考えてしまいますでしょ。
客観的に見た場合でも下の画像の方がダイエットには、良いのではないか?こう思うのはある意味で自然だと思います。

結果として、上下どちらの食事を選んだとしても大差はないというのが私の考えです。

大差ない理由は・・・?

どちらでもそこまで変わらないと、なぜ思うのかと言いますと、太る人は何を食べてもやはり太るからです。

「それは、そうだろうね?」

と、感じた人も多いのではないかな・と思いますが、いくらこういったことに気を使っていても、逆にそうでなくても、痩せている人は痩せているんです。

そうは思いませんか?周りにも「そんなに食べてるのなぜ!」と感じる人って結構いますでしょ。強いて無理やりに理由をつけるとすれば、「体質・遺伝」で片付いてしまいます。

これを言われたらもうね、身も蓋もないって話ですね。((笑)

でもですね、仮にそうだとしても諦める必要はどこにもなくて、むしろこうしたことを言う人たちというのは、ここに逃げたがる傾向にあるだけのような気がする訳です。

まぁ、あくまでも私の考えなんですがね。

量と質というもののとらえ方を考える。

私も以前にダイエットをしたとき、単純に量を減らせばOKなのではないか!こう思ってやっていました。
しかしながら、この考え方は間違いではないのですが当たらずともはずれなんです。というか、正直ことダイエット・痩せるという一点においては正解です。

ですが、トータルで見た場合これは間違いであると言えますね。さて、量と質というものを考えたとき皆さんが想像するのは、ほぼ全員が「食べる量」と答えることでしょう。

そりゃそうですよね。このほかにどんな量があんのかって思いますよね。

実は、ここがポイントだったりします。なぜか量や質を考えたとき、皆が一様に食べるをイメージする。もっと他に目を向ければ違う量や質というものに気づくはずなんですが・・・・。

つまり、食べる量ではなく、質でなくて「動く量や質」という考えもあるのだという事を頭に入れてもらえれば良いのではないかなと思いますよ。

そもそも体を動かさないから太るのです。

極論ですが、動かないから太るわけなんです。

よく学生時代は運動部に入っていて引き締まった体だったのに、社会人になって・・・・。と、言う話は誰でも聞いたことがあるはず。もしかしたら自分がそうなっていることもあるでしょう。

中には、もともと太っていたなんて人もいるかもしれませんが、それはまた別の話だと思いますのでね。

さて、この動かない・動かなくなったということを考えた場合、間違いなく量と質という事にぶち当たります。ここで考えられる事というのは、単に運動量・運動の質というものが欠落した状態だと言えます。

つまり食事の量や質よりも先に考えるべきは、運動の量と質だという事ですね。

食べる量、食べる中身は変わらないが気づいたら・・・。

どうしたって人間は、年齢とともに体のあちこちにガタが出ます。これは誰でもそうですし、今現在では、これを止める手立ては皆無です。

どうしようもない事をどうしようもないままほっとくのか?あるいはそれを幾らでも遅くしようと努力するのか?二つに一つです。

食べる量は若い時と変わらないのにどんどん体重が増えて・・・。なんてこともまた老化という現象の一つかもしれませんよね。

よく考えてみれば、この状態で何が昔と違うのか?考えてみてください。すぐに答えは出るはずです。ですよね、そうです。昔と変わったことというのはやはり運動量なんですよ。

これは誰が見てもそうだな。と、思うはずなんですが、なかなかここに意識が向かない。

なぜか、ここを避けてもっと簡単に痩せたい。楽に痩せたいという思考になるんです。

この考え方というのは、決して悪くはないのです。ですが、どんな事柄でも当てはまることだと思いますが、この考え方は時に、肝心なことを見落としてしまう危険性があるということも覚えておくべきではないでしょうか。

楽に痩せる方法はないが気づいたら、はあるはずです。

なにがもっとも良いのか?良い方法なのか?考えてみるわけですが、最良の方法というのは無いのかもしれませんね。

思うところはあるでしょうが、現に人それぞれ違う考え価値観があるわけですから。

ダイエットをするときというのは、勢いがあるものですが長続きしないのもまた人情ですよね。

一つ私が言えることは、楽に痩せる方法はないです。しかし、ダイエットをして痩せなきゃ意味がないですし、モチベーションも維持できません。

楽にではなく、気づいたら。に考え方を変えるというのが良いと思います。

つまり、ダイエットだと思わないことが大事なんだと思います。意気込んでみても最初だけ。難儀はしたくない。こういった考え方をする人は、まず、ダイエットをしてるとう風に考えないようにしたいものです。

結局気づいたら痩せていた。となった方が楽ですよね。

気付いたら痩せていたに一番むいているダイエット。

先に書いた量と質なんですが、動かないで痩せるには量を調整します。これしかありません。

そこで最も適している方法は、「代替えダイエット」です。

何かに置き換えるダイエット方法なんですが、過去にも様々なものが置き換えられてきました。そのたびに挑戦しては挫折のトライ&エラーを繰り返してきたわけです。

じゃ、ダメなんじゃないのか?と考えてしまいますが、何をやっても成功する人とそうでない人というのは存在します。成功するもしないもその人次第ということなんですが、ここではそこは無視です。

気付いたら痩せていた。というダイエット法で考えてみた場合、この代替え・置き換えダイエットが間違いなくむいています。

一昔前とは違い、健康にも十二分に配慮されたものが巷には多く存在しています。頑張らないダイエットなんてうたい文句が似合う置き換えダイエットではないでしょうか?

チラコイド

何かに置き換えるダイエットをして、知らないうちに痩せていたらラッキー!

これも私個人は「有り」だと思います。ためにしに使ってみては?健康的に痩せられるのならこういったものを片っ端から使い倒す!というのも方法です。

先にいろいろ考えてしまい、一歩を踏み出せない人は行動することを忘れていると私は思います。口にして悪い商品というのは売られていないという前提で考えたら迷っている暇があったら行動あるのみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。