ダイエット中の食事は何が良いのか?私だったら・・・・。

気になるダイエット中の食事?

ダイエットと言っても多種多様で人それぞれ。と、言う部分が大きいと思います。

ハッキリ言って食事という面に関しても同じようなことが言えて、その人それぞれという場合が多いものです。じゃ、厳密にいったら何がダイエット中の食事にピッタリなのか?と聞かれたら・・・・。

ちょっと困りますよね?中には低カロリーなもの。とか、はたまた繊維質の多いもの。とか言った具合に一概にどれがとは言い難いのではないか?こう思いませんか?

その辺をすこし考えてみたいと思いますね。

気にする必要があるのはその考え方。

そもそも、ダイエットしなきゃいけない状況になってしまったことが問題だという事をまずは反省しましょう。

食べ物が・・・・とか、言う前にそうなってしまったことに対しての反省が必要だと思います。キツイ言い方かもしれませんが、食べ物は毒でない限り何を食べても良いものなのです本来はね。

それを削って痩せなくてはいけないというのは、なんともな話ではないでしょうか?

ダイエット中の食事というよりも、そうしなければいけないと考える思考が問題だと私は思いますよ。

食事は食べたいものを食べればいい。

先にも似たようなことを書きましたが、ダイエット中であっても好きなものを食べればいいと個人的には思います。

ただし、この場合は気長に考えてダイエットに取り組むという姿勢が必要ですし、早急な効果を期待しすぎないことが重要です。

ですから、食べ物云々ということは二の次ということになります。ま、大概は無理なダイエットの結果というのは、続かないか、リバウンドのどちらか二つに一つということが多いものですから。

どんな方法でダイエットするのかによります。

一概にダイエット食は?みたいな感じで言われても普通に食べればいいわけです。もちろん度が過ぎるようなことは避けるべきなのは言うまでもないのですが、ダイエットの手法で変わるのも事実ですから。どんな方法でやるのか?ということも加味しなくてはいけないのだと思います。

体重を減らしたいのか、カッコの良い見た目になりたいのか。さぁ、どっち!

ただ体重を落としたいのなら。

ダイエットをして、今よりも体重を落としたい!

でしたら、筋肉を減らせばいいだけです。食べるとかって正直どうでも良い訳です。その代わりブヨっとなるのですが・・・・。

簡単なことで、筋肉よりも脂肪の方が軽いのですから筋肉を減らせば体重は落ちます。が、その行いは、肥満になるためにやっている準備運動みたいなものだということを頭に入れておくことです。

見た目をカッコよくしたいのなら。

見た目をキリッと締めてカッコいい感じになりたいのであれば、体重は気にしてはいけません。当たり前ですが筋肉をつけて脂肪を燃焼させるわけですから当然体重は増えるわけです。

その代わりに、太りにくい体質を手に入れることができ、尚且つ食べても太らないという二段構えの構図になります。

皆さんは、どっちを選びますか?私なら迷わずカッコいい体を手に入れます。その方が後々良いことだらけでしょ。
やはり、いくら歳をとったとはいえブヨブヨは御免こうむりたいです。

私がダイエット中ならタンパク質がメインの食事。

ここで私ならということで書きますと、ダイエット中にメインになるのは、炭水化物ではなくタンパク質です。

このサイトでもよく書きますが、炭水化物は肥満の原因だと考えていますから、必然的にこうなってしまいます。もちろん少しはとりますよ。炭水化物が筋肉に与える影響も知っていますからね。

ですが、ことダイエットとなると、性格上、私の場合はこれです。

ケトジェニックダイエットは、体を壊すのか?こちらの記事も参考にどうぞ。

体のほとんどがこのたんぱく質でできていることを考えたら、ダイエット食はやはりタンパク質でしょ?と、言う単純な発想から書いています。((笑)

ですから、巷に出回っているタンパク質で言えば、「プロテイン」ということになりますよね。



なりたい体になる為のプロテイン【FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン】

低糖質設計のプロテインというふれこみのプロテイン。パッケージも綺麗で値段も手頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。