汗をかけば痩せる?基礎代謝が高い人は汗っかき?

どうもです。

ダイエットをしようと頑張っている人やそうでない人も、なんとな~く【汗=痩せる】と考えているのではないかと思います。

基礎代謝が高い人とそうでもない人でも違いがあり、一概に「汗」をかくことが痩せるということに直結しない。

今日はそんな話をしたいと思います。

汗をかくということはどういうことなのか?

汗と言ってみても、言い方は結構あったりします。

冷や汗・脂汗・手汗ちょっと違うかもしれませんが、運動の汗とか、脇汗とか・・・。

どれも同じ汗なんですが、シチュエーションでその呼称は変わります。まぁ、どれも体の自然な反応だという事ですよね。

で、この反応を引き起こす原因は何かと言うと、緊張だったり暑さだったりする訳ですが、こういう細かいところをみても今一なんで汗をかくのか?という疑問は残ります。

つまり、汗というのはただの体温調節機能であり、痩せるといったこととは全く関係のない話なんです。

代謝が良い人は悪い人より汗を大量にかくの?

汗をたくさんかく人を見ると、なんでか「代謝が良いんだね。」と言われることがあります。

実際問題、これは間違っている話です。代謝が良いから汗をたくさんかくのではなく、暑いから汗をかくなんです。

「え!どういうこと?」

と、思うかもしれませんが簡単に言いますとね。体温が上がり過ぎないようにするために汗をかき、冷やす体温調節機能なのですよ。

これが本当の意味での汗の役目です。周りを見渡せばわかると思いますが、太っている人ってすごく汗をかいているでしょ?
代謝が良いのなら太ったりしないですよね?太っている人が汗をかくのは、単に脂肪が厚いため痩せている人よりも体温が上がりやすいからなんです。

ここだけを見てもわかる通り、代謝の良し悪しで汗が・・・・という話ではないことが分かるのではないかと思います。

汗の成分で違うその人の状態。

ちょっと、ダイエットという部分ではあれなんですが、汗の成分というのはそのかき方で、違いがあるのはご存知でしょうか?

汗の成分というのは、99%が水です。残り1%が塩分やミネラル分(マグネシウム・カリウムなど。)なんだそうです。

分かりやすく言えば、サラサラした汗とベタベタした汗。こう言えばピーンとくる人も多いのではないでしょうか?

じゃ、具体的にどんな状態のときにどんな汗が出るのか?

必ず、絶対ということは言えませんが、目安的に考えれば・・・ということで言えば、スポーツなどの運動でかく汗は、サラサラ。緊張や動かないで暑い状態でかく汗はベタベタ。

こんな風に考えれば良いのではないかなと思います。

なぜ、同じ汗でもこう違いがあるのか?それは、サラサラの汗というのは水分と塩分でなりたちます。もちろんベタベタ汗も同じなんですが、濃度が違う訳です。

良い汗というのは体外に出るときに、その内容物であるミネラル分をあまり出さないという特徴があります。悪い汗は、多目に出てしまうという特徴があるんです。

これは、あくまでも目安で、実際は食事の内容なんかも関係しているので絶対ではないと思いますが、こうした違いがあるのだということを知るだけで、今の自分の状態が分かるわけです。

ダイエットは、汗をかくことではない。

先に書いたことを踏まえつつ考えてみれば、痩せる=汗という考えにはなりません。

よく夏はダイエット!と意気込む人が多いのですが、それは汗を簡単にかける季節が夏だからだと思います。ですが、実際はそうではない。逆に体を冷やそうとしますからダイエットにはむいていない季節だと言えたりもします。

痩せるのなら本当は寒い季節を狙った方が効果は高いのです。

なぜなら、自然に体は温まろうと一生懸命に体温を上げようとしますから、言い換えればそれだけ代謝が上がると、言えるからです。

寒い時期に汗をかくなんてことはあまりないのですが、こう考えてみても汗を沢山かけば良いというものではない事が分かる訳です。

サウナも同じで、あれは何の根拠もない話です。確かに汗をかいた分は水分が出ますので体重は落ちますが、補給したら元に戻ります。

ダイエット効果はありませんし、ゲトックス効果もありません。

皮下脂肪・内臓脂肪の厚さが汗かきの原因。

暑くもないのに異常に汗をかく。これは人よりも脂肪が厚く体の熱がこもりやすくなっている事が原因の一つです。

そのほかにも、甲状腺の異常や精神疾患なんかも多汗になると言われています。

私も思春期に甲状腺腫の疑いがあり精密検査を受けた経験があります。

人間の体で「絶対こうだ。」ということはありません。常にそういった可能性があると思うくらいがちょうどいいのだと思います。

ちょっと話が難しくなってしまいますので戻しますが、この皮下脂肪や内臓脂肪というのは有り過ぎは困りますね。

やはり普段のケアがとても大切であるのだと感じます。

身体について剥がれない脂肪。まず、なくなることはありません。減らすのにも限度があるわけですが、つき過ぎるというのは問題がありますよね。見た目にもですし、健康にもあまりよろしくないという二重によろしくないわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。