ワークアウトで体を変えたい|タンパク質をとる理由と必要性。

どうもです。

筋トレ(ワークアウト)初心者の方は、プロテインの必要性についてどう思っていますでしょうか?

私もはじめは、必要無い派でしたが今は違いますね。ここら辺のことについてお話ししようと思ったりしていますので見ていってください。

一時前は、こういうムキムキな人のことを「脳みそも筋肉でできている。」なんて言い方をしていた時もありましたが、いやいや!どうして。頭を働かせないとね。ボディメイクはできません。

身体を作るのに不可欠なタンパク質

ダイエットとかそういったものを考える以前に、タンパク質は体の構成部品だということは、ご存知かと思います。

髪の毛も、爪も、歯も、もちろん筋肉に至るすべてがこのタンパク質で構成されています。

これを考えると肉体を変えるためには、必要不可欠な物だと言えるのではないかと思います。ダイエット目的であっても同様のことが言えて、痩せるためにはあまりいらないんじゃないか?と、思うかもしれません。ですが、筋肉量が減るようなダイエットはその後のことを考えると良い事はありませんから、しっかりと筋肉を維持あるいは、増ということを念頭に置くべきだと私は考えています。

タンパク質は何でとる?

タンパク質、タンパク質と非常にうるさく聞こえてしまいそうですが、具体的に何をどうとったら良いのかって話。

代表的なのは、肉類・魚類ではないかと思います。

このほかにも植物由来のものもあります。大豆なんかはその代表格ですが、私は勧めません。理由は幾つかあります。

一つ、大豆タンパクはそもそも吸収できるのか?これはどういうことかと言いますと、人間の体は野菜の栄養を吸収できていないというような話もあるからです。
二つ、大豆イソフラボンの取り過ぎもよくないという話を耳にしたことがあるからです。

これが少数の意見であっても、私はこの考えに賛同します。ですからここではお勧めしません。

もっと手軽なのは、ホエイプロテインです。タンパク質だけで言ったらこれの右に出るものはいないでしょう。

タンパク質とは何なのか?

まぁ、今更な話ですがアミノ酸の塊だと思っておけば良いと思います。実際そこまで詳しくなる必要性は無いように思います。

詳しなったところで体は変わってはいきません。

ここのところを考える暇があるのなら体を動かす・行動することに重きを置くべきではないでしょうか?

タンパク質を効率よく吸収させるには?

実は、タンパク質はそのままでは吸収されません。吸収される段階でアミノ酸に分解されて、そこから・・・・。という具合です。

で、一連の流れの中で吸収を助けてくれるものがビタミンミネラルというもの。

食事でとなると正直微妙です。いったいどれだけ食べれば・・・・・。

その辺は、プロテインの方が断然良いわけです。コスト面・栄養価・手軽さ。すべてが体つくりに向いている訳です。

【FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン】

ワークアウトの疲労回復にも効果あり。

本気で体を変える行動にでたら、今までとは違う自分がもうそこにいます。

目標を据えて、動き出した瞬間からすでに今までとは全く違う自分がいる訳です。最初の内は何も気にすることなくやっていけると思いますが、そのうちに息切れがしてきます。

ワークアウト・仕事などの疲労が抜けなくなってきます。

こんな風に感じた時というのは、結構辛くなっているはずです。ペースダウンを余儀なくされ、そのうちにやりたくなくなって、やめてしまう・・・。

これでは、何の意味もなくなってしまいます。なぜか?それは初心者にありがちなオーバーワークになっているか、単に栄養不足があげられるでしょう。

まだ他にもあるのですが、少しでもこういった状況にならないためにもプロテインは有効な手段です。

ぜひ、ダイエットや体を引き締めたい。そう考えて取組むのなら使うことを視野に入れた方が良いと素直に感じる次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。